シアリスとバイアグラの効果の違い

シアリスとバイアグラの効果の違い

勃起不全治療薬として最も有名なものはバイアグラで、その名前を聞いたことがないと言う人はほとんどいないでしょう。

 

バイアグラはその確かな効果から画期的な医薬品と評され、それまで明確な対処法がないと思われてきた勃起不全に悩んできた人に希望をもたらしました。

 

一方で持続時間が短かったり食後など胃に内容物が残っている状態で服用すると効果や持続時間が大きく低下するなどの扱いづらい面もあり、改良が望まれてきました。それを受けて作られたのがこのシアリスです。

 

シアリスはバイアグラの有効成分であるクエン酸シルデナフィルとは違い、独自のタダラフィルという成分を主成分としています。

 

クエン酸シルデナフィルが胃で吸収されるのと比べタダラフィルは小腸で吸収されるため、服用前後の食事によって効果や持続時間が落ちないと言う決定的なメリットがあり、好んで用いられています。

 

また持続時間自体も大きく改善されており、長くても5〜6時間程度で効果が完全に消失するクエン酸シルデナフィルと比べタダラフィルは血中濃度半減期を14時間としています。このため、時間を気にしながら行為前の時間を送らなくて良いと好評です。

 

勃起不全は精神的な面が強く関わっているということが知られており、バイアグラの上記のような制限に縛られてプレッシャーを感じ勃起不全が解消されないと言う声はよく聞かれたものでした。

 

その点を改善したシアリスは単に便利な薬というだけでなく、勃起不全に悩む人から枷を外し自由に伸び伸びと性を楽しめることを実現した、画期的な医薬品なのです。

 

関連リンク
  1. シトルリン・アルギニンの比率とおすすめサプリ特集!
  2. バイアグラとレビトラとシアリスの違い