シアリスの副作用

シアリスの副作用

シアリスは他の勃起不全治療薬に比べ扱いやすい医薬品ですが、注意すべき点や副作用もあり、用法を間違えると危険なものであることは変わりません。特に他の薬との併用については、他の勃起不全治療薬と同じように気をつける必要があります。

 

シアリスは効果持続時間や効果の出方などが他の薬と比べ独特ですが、効果のメカニズム自体はバイアグラなどと同じく血管拡張作用によるペニスへの血流改善です。従って血管が過度に拡張することによる各種副作用は同じように起こりえます。

 

軽度の低血圧症や動悸、ほてり、息切れ、胃腸の不調などが現れた場合は量を減らすか、医師に相談しましょう。

 

シアリスに限らず血管拡張作用により勃起不全を解消する医薬品全般に言えることですが、飲めば飲むほど精力剤のように男性機能が増すと言うことはありません。

 

血管が狭くなってペニスへの血流が妨げられている状態をシアリスやバイアグラは改善しますが、問題無く血液が循環するようになれば過剰摂取してもそれ以上の効果は見込めません。

 

また気分を盛り上げたり性欲を増したりする作用も一切ありませんので、いつもより激しくしたいからと過剰摂取しても全く意味がありません。血管が過剰に拡張すれば低血圧を招くだけですので容量はきちんと守りましょう。

 

また同じ理由で、血管を拡張する作用のある他の医薬品との併用はできません。血管を拡張することにより血圧を下げる降圧剤や、血管の閉塞を防ぐ狭心症・心筋梗塞の治療薬などと併用することはできませんので注意してください。