シアリスに含まれる成分

シアリスに含まれる成分

シアリスはバイアグラ等他の勃起不全治療薬と大きく異なる効き方をするためバイアグラの代替薬として人気ですが、主成分が異なるため体内での吸収などのメカニズムが大きく異なるのです。

 

シアリスに含まれる有効成分はタダラフィルです。タダラフィルの含有量によって「cialis 5mg」「cialis 10mg」「cialis 20mg」と異なる商品名で販売されています。

 

このタダラフィルの特徴は何と言っても胃ではなく小腸で吸収されると言う点で、この特徴のため胃の内容物によって吸収率が大きく落ちると言うバイアグラの問題点を克服しています。

 

バイアグラのクエン酸シルデナフィルは胃で吸収されるため食後に服用すると持続時間が短くなり、それが脂質の多い食事となると顕著になるため食事のタイミングや内容に気をつけなければなりませんでしたが、シアリスはそういった必要がありません。

 

またタダラフィルは持続時間そのものが非常に長いため、飲むタイミングを考える必要がほぼありません。タダラフィルの血中濃度は服用後1時間ほどで効果が現れるほどになり、それから4時間程度をかけてピークを迎え、血中濃度半減期は14時間ほどです。

 

ですから夕方に飲めばその晩は持続時間の心配をする必要は全くありません。クエン酸シルデナフィルは1時間半ほどで血中濃度のピークを迎え、理想的な環境下においても5時間程度で効果が完全に消失してしまうため、前述の通り食事のタイミングと合わせて飲む時間に頭を悩ませる人が多かったのです。